中国経済が崩壊しています

中国経済が崩壊しているとのことで怖いですね。

ニュースによれば、

(引用)「中国経済は五月の輸出額が前年同月比1%増でそれまでの10%超増から大幅減となり、英金融大手の景気指標も悪化を示すなど減速感が強まっている。」

ということでした。

まー前々から言われていた事でもありますが、中国はもともと過去の数字もかなりあやしく、勝手に盛っている部分もあるわけですし、不良債権がドンドンたまっているのが危険ですね。

かつてのサブプライムショックやリーマンショックのような感じになるはずです。

それなりの消費がある国ですから、日本の輸出企業もそれなりに痛手を受けるでしょう。でも一方で、中国国内の賃金上昇は止まって下降していく可能性も高いです。

それを輸入する日本の商社はそれなりに利益が出やすくなりますよね。ただ怖いのは社会主義における横暴です。また反日暴動もあるでしょうし、中国はカントリーリスクが高すぎます。

東南アジアに分散してほしいです。そして、もっと親日国と関係を深めても良いんじゃないでしょうか。もうそろそろ中国の影響力が大きい時代も終わりを迎えるでしょう。これからは悪い意味での影響力が大きくなりそうです。



This entry was posted in こんな事あった. Bookmark the permalink.

Comments are closed.