ビタミン欠乏症にならないように気を付けよう

ビタミンは、不足するとそれぞれのビタミンごとに特有の欠乏症がおこります。

例えば、ビタミンB1が不足しておこる脚気などがその例です。最近は欠乏症とはいえないまでも、潜在的にビタミンが足りない人が増えているといわれています。

ビタミンが不足すると、頭痛や吐き気も起こります。

水溶性ビタミンはとりすぎても排泄されるため、過剰症はおこりません。一方、脂溶性ビタミンは蓄積されるため過剰症をおこすことがあります。

とくにビタミンAやDにおこりやすいそうで、頭痛や吐き気などを生じます。

ただし、この過剰症はサプリメントなどで大量に摂取し続けた場合におこるもので、普通の食事でおこることはありません。

それは気にしないで何でも食べて良いですから、特に植物性のためのをしっかり摂りましょう。逆に動物性の脂溶性ビタミンは摂りすぎに気を付けないといけませんから、お肉は食べ過ぎないでくださいね。

やっぱりバランスが大事です。サプリメントも怪しい物がありますから気を付けましょうね。



This entry was posted in こんな事あった. Bookmark the permalink.

Comments are closed.