FX市場における自国通貨の価値を維持

海外から稼いだお金を貯め込んでばかりいないで、海外からモノやサービスを購入してその支払いに充当すること。

すなわち、生産と消費との間で適度にFX市場のの恩恵を受けるバランスをとっていくことが、日本人が真に豊かな暮らしを満喫するための課題なのです。

FX市場での円安円高に一喜一憂するべきではありません。

逆に、FX市場で自国通貨の価値が大きく下落することだけは、何か何でも避けたいところです。たとえば米国は、これまでの歴史のなかで自国通貨の米ドルが下落するたびに、米国の大統領や政府高官が「強いドルは国益」と繰り返し発言してきたものです。

彼らにとってのFX相場における自国通貨の価値を、必死に支える姿勢を示してきたのです。

一般に、FX市場で自国通貨が大きく価値下落すると、輸入物価の上昇を通じて国内にインフレが生じる要因となります。インフレが長期金利の上昇に大きく波及した場合には、国債の利払負担の急増を余儀なくされ、財政悪化してしまう可能性もあります。

最悪の場合には、やがて外国からの借金が返済できない事態に陥ってしまうのです。いわゆる“カントリーリスク”が、顕在化してしまうことになりかねないです。

鶴正敏の【鶴式FXスキャルピングプラス】解説ホームページ

FX市場における自国通貨の価値を一定以上の水準に維持していくことは、世界各国に共通して大切な政策の1つなのです。



This entry was posted in 資産運用の事. Bookmark the permalink.

Comments are closed.